飲み会での失態

今から約10年前、20歳を過ぎお酒を覚えたころでした。当時まだ限界を知らなかったので、案外私って呑めるんだな~なんて思ってました。(瓶ビール7本くらいは軽く?めましたね…。)

就職して数か月、友達から飲み会の誘いがあり酒好きな私は2つ返事でOK。どんなメンバーが来るかなんて聞きもせず…。それが失敗でしたね。

とにかく楽しく時間を過ごせればいいって感じで賑やかにスタート。

みんな真面目な雰囲気の方ばかりで、初めましての自己紹介から始まり時間とともにどんどん打ち解けていった頃、出身の学校話になりました。
年も近かったこともあり共通の知り合いも多かったので変に気を許してしまい、ある女の子の面白エピソードを話して盛り上がってました。

本当、女って怖いですよね。当時誰と付き合ってただの、付き合った人数や今の彼氏はこんな人らしいよとか。とりあてずその飲み会は無事楽しく終わりました。

それから1年後、その噂をした女友達から結婚式の招待状が届き当時の仲間と出かけました。御主人がどんな人かも気になりますし、久々にその友達に会えるのも楽しみでした。

そしていざ式が始まり、驚きました。そのご主人が2年前に飲み会をした中の1人でした。彼女のダークな部分を赤裸々に話してしまったので、一生に出席した仲間も私もその場から立ち去りたい気持ちです( ;∀;)

不幸中の幸いなのか、まだ向こうは私たちに気づいていません。ばれたら大変です。式の間中、新婦サイドから離れないよう姿を消すように時間が過ぎるのを待ってました…。

式も終りに近づいたころ、各テーブルに夫婦揃って挨拶にきました。もうおしまいですね。結局ご主人も私たちに気づいてしまい驚いてました。

ある程度は猫を被って結婚をしたと思うんです。本当、申し訳ないことをしてしまいました(._.) 後はご主人がどう思うか、言うのか、言わないのか。

式から数日後、気になって電話してみると着信拒否になっていました。一緒に行った友達も拒否されてました。ですよね…。軽い発言をした代償です。

大事な友達を1人なくした悲しい思い出です。。。

 

はしゃげる仲間って大切!

暖かくなってきた4月頃。
仕事の繁忙期も、一つの区切りを迎えた頃でした。

仕事終わりにいつも通り同僚と帰路についたのですが、暖かな空気に誘われ、少し散歩をしてから帰ろうという話に。
職場が海の近くだったため、少しビーチによっていく事にしました。
日が沈み、辺りが少し暗くなってきたビーチは、心地よい潮風に包まれてとても穏やかな雰囲気。

「癒されるね?」なんて話しながら歩いていると、一本の大きな桜の木を発見しました。
花は丁度見頃を迎えた頃。
少し桜が降っています。
街灯に照らされた桜の木は、さながらライトアップをされているよう。

私と同僚は、突然の美しい光景に顔を合わせて一言

「ビールッッッ!」

全く趣のない二人でしたが、意見は完全に一致。
自分たちだけの花見スポットを独占しようと、私たちはコンビニに走り、ビールとおつまみを買い込みます。

時間はまだ7時半。
3時間は飲める、と私たちは意気揚々です。

桜の木の下に戻ると、おあつらえ向きのベンチを発見。
ベンチに座り、久しぶりの乾杯をしました。

みんなに最高のシチュエーションを自慢しようと、ビールと桜を写真に撮りSNSに写真をアップロード。
みんな羨ましがるだろうなぁ?と思いながら、飲み続けているとどこからともなく仕事終わりの同僚たちが続々と姿を現し始めました。

どうやら、みんな私がアップロードした写真を見た様子。

『ずるすぎる~!』
『誘ってよ?』

と非難轟々。
それでもみんな追加のお酒と食べ物を持参してくれ、気づけば二人だけの花見は一大イベントに!

一人二人と増え始めたメンバーは、気づけば15人程になっていました。
穏やかだった桜の木の下も、私らのせいで居酒屋状態。ハチャメチャです。

ストレスと時間に追われて辛い仕事ですが、こんな愉快なメンバーと働けるから乗り越えらえるんだろう。
そう改めて仲間の大切さを感じられる花見でした。

しかし、もちろん羽目を外し過ぎてしまい、終電を逃してしまった私。
タクシー代を払い、予想以上の出費でしたが、楽しかったからまぁいいか!